インターネット加入後の開通工事について

インターネットに加入したいのだけど開通工事ってどんなものなの?と感じている人も多いと思うので紹介していきます。

特別大掛かりな工事というのは行われませんが、光回線の場合は簡単な工事が行われます。想像しているような穴を空けて工事をするようなことはありますが、滅多にありません。

インターネット回線といってもいくつかありますのでそれぞれの工事について解説していきます。

光回線

まずマンションタに住んでいる人は光回線の工事は必要ありません。マンションにはすでに光回線が開通しているからです。光回線が開通していないマンションでは大家や不動産屋に了承を得てから光ファイバーを引き込んでもらう工事をしてもらいます。

光回線の設備が整ったマンションでは作業員が配電盤のスイッチをいじるだけで光回線が開通します。

戸建てにお住みの人は光ファイバーを引き込む工事をしなければいけません。工事内容として電話の配管を使い光ファイバー引き込んでいきます。

工事費についてですが、フレッツ光東日本25200円(実質0円)西日本3675円になります。

ADSL

ADSLの場合は自宅ではなくNTT基地局内の工事が行われます。なので自宅に作業員が来ることなく、開通日まで待っておけばインターネットを利用することができます。

工事費として3200円がかかってきます。プロバイダーによって無料になる場合もあります。

高速モバイル通信

高速モバイル通信は工事の必要はありません。端末が届けばスイッチを入れるだけでインターネットを利用することができます。

光回線のインターネット加入代理店比較
当サイトおすすめのオプション加入なしの光回線契約代理店を紹介しています。

WIMAXのインターネットプロバイダー比較
WIMAXのおすすめプロバイダーを比較しています。外出先でのインターネットならWIMAX。